ごあいさつ

ウエルシュ・コーギー・ペンブローク
ウエルシュ・コーギー・ペンブローク

HPご覧いただきありがとうございます。

気が付けば、いつも何かを育てていました。皆さんの中にもこんな思い出があるかも知れませんが、通っていた小学校の鶏小屋で産まれた卵を持って帰って温めて孵化するのを心待ちにして、学校にも持って行ってずっと温めていたことがあります。当たり前ながら、その卵は孵らなかったのですが・・

こんな感じで大きくなり、今に至ります(^^)

でも、ブリーダーという仕事は、簡単にできるものではなく、勉強し、知識を深め、先輩のブリーダーさんにもいろんなことを教えていただき、今も勉強の毎日です。

犬の世話は大変です。毎日バタバタとしてますが、ふと一息ついて座り込んだ時、そこらへんで遊んでいた彼ら(犬)が私に気づき、大突進してきて彼らに囲まれたときはとっても幸せです。順番に相手をするのも大変なのですが、精一杯愛情を表現してあげます。時には腹が立つシーンもありますが、私には、大切な存在です。

我が家から生まれた犬達が、新しいご家族のもとで、そのご家族に幸せをもたらしてくれたら本当に本望です。

いつもいつも生まれている訳ではありませんが、らてここをよろしくお願いいたします。